建設の求人で有利な資格にはどんなものがある?

建設の仕事に就きたいと思っている方にとっては、どのような資格を持っていれば求人に有利に対応できるのかということが知りたいことですよね。

でも実は、どんな資格を持っていれば有利に働くかということは、一概に言い切ることができないというのが、建設の求人の特徴なのです。

なぜ建設の求人にはこの資格があれば有利というものがないのかというと、建設の仕事と一口にいっても、その職種を見てみると非常に多岐にわたっているからです。

例えば、インテリアに関する資格は、建設の仕事の中でもかなり文系のものとなっています。

しかし、設計の仕事となると理系になり、必要となる資格は全く変わってきます。

また就きたい仕事が技術系なのか、営業や販売なのかということによっても、必要となる資格が大きく変わってきます。

そのため、どのような資格を取ると建設業界において就職が有利になるのかということよりも、どのような仕事をして働きたいかを考えて、それに合わせて資格を取る必要があるのです。

ちなみに、建設業界の求人に応募した人たちが取った資格としては、次のようなものがあります。

インテリア設計士、カラーコーディネーター、色彩検定、福祉住環境コーディネーター、宅建、秘書技能検定、福祉用語専門相談員などです。

これを見ただけでも、一定の資格などないということがよくわかりますね。

でも実は、建設の求人に有利になる資格が1つ、あると言えばあるのです。

それは何かというと、実は、自動車運転免許です。

どのような職種になるとしても、これはほとんどの場合に求められる資格となるでしょう。

This entry was posted in 有利な資格. Bookmark the permalink.

Comments are closed.