建設の求人の営業って、どんな仕事をするの?

建設の仕事というと、ビルや家などの建物を立てたり、建築物の設計をしたりするというイメージがありますね。

つまり、技術職がほとんどではないかということです。

でも、建設の求人を見てみればよくわかりますが、実は営業職という仕事もあります。

では、建設における営業の求人では、どのようなことを求めており、どのような内容の仕事となっているのでしょう。

建設の求人の中でも、営業といったら、まさに仕事をもらってくることが仕事になります。

例えば建設をする仕事の営業だとしたら、建設業者を回って今度建てる建物の建設は我が社にやらせてくださいとお願いをしてくる内容になるわけです。

また、そういった下請けの仕事を直接もらってくるだけでなく、官公庁を廻って名刺配りをしたり、入札に参加したりする仕事をする場合もあります。

営業職の人が少なく、また従業員自体も少ない建設業者の場合、営業が見積もりを取ったりする可能性もあるでしょう。

建設業界での営業というと、なかなか大変な仕事になることもあるかもしれませんが、人とのつながりが重要なものになる、やりがいがある仕事になります。

直接的に建設をするような求人内容ではなく、建設業界に就職したいと思っている方にとっては仕事内容が意外に思えるものになるかもしれませんが、してみると、その奥深さや重要さについて実感することが多くなるでしょう。

建設業界の求人をチェックしている方にとって、営業もぜひ選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

This entry was posted in 営業. Bookmark the permalink.

Comments are closed.